寝屋川市の歯科・予防歯科・小児歯科
〒572-0061 大阪府寝屋川市長栄寺町4-24
TEL:072-826-6534

寝屋川市 歯科 予防歯科 小児歯科 レーザー治療 インプラント|足立歯科医院

トップページ当院のご案内医師の紹介設備紹介交通案内初診の方へお知らせ

健康ニュース

Contents Menu
Mobile Site

qrコード

左のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

トップページ»  健康ニュース

赤ちゃんの健康のために

妊娠中のお口の変化

妊娠中のお口の中は、生活習慣や体質の変化から、通常よりもむし歯や歯周病になりやすいのです。

1.つわりによって奥歯の歯磨きが難しくなるため、磨き残しが多くなる
2.少しずつ何度も食事をするため、口の中で酸性の状態が長く続き、むし歯ができやすくなる
3.女性ホルモンが増加して、通常よりも歯肉に炎症が起こりやすく、「妊娠性歯周炎」を引き起こす
4.だ液の性質が変化して、口の中がネバネバになり、細菌が活動しやすくなる

妊娠中でもむし歯や歯周病の治療は可能です。
しかし、お母さんのお口の中を清潔にしておくことが、赤ちゃんにとって、もっとも大切です。

歯科医師による妊娠中のお口の健康チェックと、歯のクリーニングを受けましょう!!

 

妊娠期の歯周病に要注意!!

歯周病のひどい妊婦さんは、歯周病菌の影響で早産や低体重児出産などの妊娠トラブルの危険性が高くなることが報告されています。
また、母子感染によって乳幼児へむし歯菌が移ってしまう事があり、むし歯の多いお母さんの子どもは、早くからむし歯になる危険性が高いと言われています。

お母さんのお口の中を清潔にして、赤ちゃんの歯と健康を守りましょう。

 

母子感染の予防

お母さんのむし歯菌が子どもに感染する母子感染が問題になっています。
授乳時期はお子さまの将来のお口の健康にとって、とても大切な時期です。ご一緒にお子さまのお口の健康を考えましょう。

母子感染を防ぐために気をつけたい事は?

グラフ

口移しでものを食べさせたり、大人が使った箸で赤ちゃんに食事をさせたりすると、ミュータンス菌などの細菌が増えてお口の中の病気の原因となる事があります。
生後1歳半から3歳がむし歯菌の住み着く時期です。
しかし、子どもとのスキンシップを止める事はありません。なによりも、お母さんのむし歯治療や予防が大切なのです。
赤ちゃんの健康のために

お子さんのむし歯予防には、まずお母さんのお口の健康が大切です。

右のグラフは、お母さんのお口の中のばい菌と、その子どもたちのむし歯になる割合を示しています。
お母さんのお口にばい菌が多いと、その子どももむし歯になる可能性が高くなるのが分かります。

お母さんのお口の健康状態について歯科医院で検査してもらい、むし歯予防のアドバイスをしてもらいましょう。

右のグラフは、歯科医院で治療やお口の清掃をしてもらった母親としなかった母親で子どものむし歯のでき方の違いを表したものです。
お母さんのお口をきれいにすると、子どももむし歯ができにくくなります。

歯を失ってしまったら歯を補う治療が必要です

1. 健康な状態

健康な状態

歯がすき間なく並び、バランスを保ち安定しています。

歯肉や骨も健康です。

 

2. 奥歯を抜きました

歯が無くなったことにより、全体の咬み合わせのバランスが崩れはじめます。

奥歯をぬきました
 

3. 抜けたままにしておくと、お口全体に様々な障害が現れてきます

歯がすき間なく並び、バランスを保ち安定しています。

  • 奥歯の咬み合わせが低くなり、前歯が出っ歯になります。
  • 咬みあわせが乱れ、食べにくくなります。
  • 歯のすき間に食べかすがたまり、むし歯や歯周病がひどくなります。
  • 姿勢が崩れ、肩こりや頭痛、腰痛、かおのゆがみなど全身的に影響が及びます。
抜けたままにしておくと、お口全体に様々な障害が現れてきます
 

4. 人工的な歯で補う治療には3種類あります

人工的な歯で補う治療には3種類あります

 

歯を失うと顔の表情も変化する

歯が全部ある健康な状態

健康な状態

表情豊かで活力がみなぎっています
歯の咬み合わせの良い健康な状態です。

歯の咬み合わせは、食べものを噛む、声を出す、飲み込むという動作のほかに、頭を支え全身のバランスを整える重要な役割があります。

 

歯が1~2本なくなった状態

歯が1~2本なくなった状態

はじめはあまり変化は見られません。

しばらくすると、抜けた歯の両隣の歯が傾いてきたり反対側の歯が伸びてくるなど、全体の咬み合わせのバランスが崩れてきます。

それにより、肩こりや頭痛などになやまされようになります。

 

歯が数本なくなった状態

歯が数本なくなった状態

顔にシワが増えるなど見た目が変化します。

咬み合わせのバランスが取れていないため、食事も食べづらく、残っている歯もやがて異常が見られるようになります。

また、だ液が少なくなったり、頭痛や疲労、食欲不振など体の不調が増えてきます。

 

全ての歯がなくなった状態

全ての歯がなくなった状態

口元や顔全体の見た目がかなり変化します。

歯がなくなると、通常の食事を摂ることができなくなったり、しっかりとしゃべることも飲み込むことも難しくなります。

また、お洒落やお化粧をしなくなるなど意欲が低下し、近年では認知症の進行にも影響があるといわれています。

 

お口の機能 鍛えて元気に!

お口の機能 鍛えて元気に! お口の機能 鍛えて元気に!

1. お口のまわりの筋肉を鍛える

顔ジャンケンを行ってみましょう。

お口のまわりの筋肉を鍛える

2. かむ力をつける

食事のときはひと口で30回以上かむことが大切です。右と左で各10回、両方で10回を目安に意識してかみましょう。

かむ力をつける
 

3. 飲み込む力をつける

「ベロ出しごっくん体操」を5回以上行ってみましょう。

飲み込む力をつける

4. お口の中を清潔に保つ

歯みがきはもちろん、歯がない部分も粘膜ブラシで歯ぐきや舌をみがきましょう。入れ歯は専用の洗浄剤やブラシを使用し、毎日欠かさずお手入れしましょう。

お口のまわりの筋肉を鍛える
 

クサビ状欠損とは?

クサビ状欠損とは?

歯ブラシによる乱暴な横磨きやハミガキの使いすぎで歯の根元が削れている状態をいいます。

 

原因

歯の表面はエナメル質でおおわれており、歯の根元はそのエナメル質がうすくなっているため、そこを歯ブラシで強く磨くと削れていきます。酷いときは歯の神経の近くまで削れてしまい、神経を抜くことになってしまいます。

クサビ状欠損にならないためには・・・

クサビ状欠損とは?

治療方法

クサビ状欠損とは? クサビ状欠損とは?
 
ページTOPへ戻る