寝屋川市の歯科・予防歯科・小児歯科
〒572-0061 大阪府寝屋川市長栄寺町4-24
TEL:072-826-6534

寝屋川市 歯科 予防歯科 小児歯科 レーザー治療 インプラント|足立歯科医院

トップページ当院のご案内医師の紹介設備紹介交通案内初診の方へお知らせ

予防歯科

Contents Menu
Mobile Site

qrコード

左のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

トップページ»  予防歯科

当院では定期検診をおすすめします

1.なぜ痛くないのに歯医者さんに行くの? 2.続けるとこんないいことがある 3.検診とはどんな事をするの?

PMTC

毎日しっかりハミガキしているつもりでも、どうしても歯ブラシの届きにくい所、汚れがたまりやすい所ができてしまいます。
この部分のお掃除を専門の機械で徹底的に行うのがP.M.T.C.です。

普段のハミガキでは・・・

普段のハミガキでは・・・

歯と歯のすき間や、歯と歯ぐきの境目に、歯ブラシでは落とすことの難しい汚れが残っています。このネバネバした汚れをバイオフィルムといいます。
バイオフィルムには、ばい菌が住みつき、放っておくと、虫歯や歯周病、口臭、全身のさまざまな病気の原因となります。

 

P.M.T.C.の流れ

P.M.T.C.の流れ

おすすめします

  • P.M.T.C.は歯石の除去とはちがい、柔らかい特殊な器具を使うので、痛みはありません。
  • P.M.T.C.によって歯の表面はばい菌のいないとても清潔な状態になります。
  • P.M.T.C.を3~4ヶ月に1度行うことで非常に効果的に虫歯や歯周病を予防することができます。
  • P.M.T.C.は、コーヒーやタバコによる着色が気になる方や、矯正治療中の方にもおすすめします。

歯周病と全身疾患との関係

歯周病と全身疾患との関係

むし歯と歯周病の関係

歯の表面では、歯の成分であるミネラルが溶け出す脱灰と、ミネラルが歯の中に戻って結晶化する再石灰化が繰り返されています。
何もたべていないときの歯の表面は中性ですが、いったん口の中に食べ物や飲み物が入ると、むし歯菌が作り出す酸が増えてはの表面が賛成になりミネラルがどんどん溶け出します。

むし歯と歯周病の関係
規則正しい食習慣 間食が多い食習慣

食習慣のPoint

ダラダラ食いをさけ、規則正しい食習慣を身につけましょう。
就寝中はだ液の量が少ないので、寝る前の飲食をしないようにしましょう。
むし歯菌はブクブクうがいで取り除くことはできません。飲食後は必ずハミガキをしましょう。

むし歯のできかた

むし歯になると結構ショックですよね。
むし歯なんかこの世界になきゃいいのに・・・なんて思ったりしますよね。
今回はそんなむし歯について知りましょう。

硬い歯を溶かすのはプラーク(歯垢)です。
正確にはプラークの中にいるたくさんのむし歯菌(ミュータンス菌)です。

むし歯のできかた
 

プラークが歯の表面にくっつくと、プラークの中にいるむし歯菌は食べ物に入っている糖質をえさにして酸をつくります。

むし歯のできかた
 
この酸がはを溶かします。
こればむし歯です。
歯医者さんでは齲蝕(うしょく)といいます。
むし歯のできかた
 

むし歯ができるには、ジグソーパズルのように糖分・歯・時間・細菌の4つのピースが必要です。
ということは、その中のどれか一つ欠けてしまえばむし歯はできないことになります。

むし歯のできかた むし歯のできかた
 

ここで少し注意。むし歯菌を全部退治してしまえばいいんじゃないの?と思ってしまいますが、私たちの体の中にはたくさんの細菌が住み着いていて、残念ながらそれはできません。

むし歯予防は、この4つの要素を上手にコントロールすることがポイントです。
まずは、毎日歯をしっかりと磨くことからはじめましょう。

フッ素とシーラントでむし歯予防

フッ素の働きと使用方法

フッ素には大きく3つの働きがあります。この働きによりむし歯予防に効果を発揮します。

フッ素の働きと使用方法 フッ素の働きと使用方法

奥歯のむし歯予防にはシーラント

奥歯のむし歯予防にはシーラント

むし歯の原因と対策

むし歯の原因となる3つの要素

むし歯は、歯質、細菌、食べ物の3つの要素に時間の経過が加わってできると言われています。

つまり

これら3つの要素が重なる時間が短ければむし歯になる可能性が低く、長ければむし歯ができやすくなるのです。

むし歯の原因となる3つの要素 むし歯の原因となる3つの要素
 

むし歯になるリスクを小さくするには

むし歯になるリスクを小さくするには

むし歯の原因となる3つの要素の重なり合う時間や面積をできるだけ少なくすることで、むし歯になるリスクを下げることができます。

 

対策

対策

※むし歯になる原因は人それぞれ!ご自分に合った予防方法をご相談下さい。

むし歯の原因と対策

自然に歯の表面に付く、ヌルヌルとしたプラーク(歯垢)。
このプラークにはたくさんの細菌が潜んでおり、むし歯や歯周病の最大の原因です。
そのため毎日の歯みがきでプラークをキレイに除去することが、健康な歯を保つためには欠かせません。

しかし、プラークは歯の色と似ているため、見ただけでは付着しているかどうかがハッキリとは分かりません。そこで、染め出し液を使ってプラークを赤く染め出します。

これにより、普段の歯みがきで磨き残している場所を目で確かめることができ、歯みがき方法を改善することができます。

染め出し液の使い方

1. 染め出し液を棒につけ、歯のすみずみまで塗ります。
その後、軽くうがいをして、余分な染め出し液を洗い流します。 染め出し液の使い方
2. 磨き残しを鏡でチェックします。赤く残ったところはプラーク(歯垢) が付着しているところ、つまり上手に磨けいない場所になります。 染め出し液の使い方
 
3. どの歯が磨けていないのか気にしながら、赤いところがなくなるまで、丁寧に歯みがきをしましょう。 染め出し液の使い方
4. 染め出し液を棒につけ、歯のすみずみまで塗ります。
その後、軽くうがいをして、余分な染め出し液を洗い流します。 染め出し液の使い方
 

いつも同じ場所が赤く染まるようであれば、 そこを中心に歯みがき方法を改善する必要があります。

自分のはの汚れを意識して確認する習慣は、きれいな歯を手に入れられる近道です。

シーラントでむし予防

シーラントってなに?

シーラント

歯のかむ面の溝に樹脂をつめて、むし歯を予防する方法です。

歯は削りません!!

 

どこにするの?

シーラントをつめる場所

奥歯のかむ面の溝。

基本的には永久歯ですが、溝が深い場合、
乳歯でも適応です。

 

Point

シーラントをつめる場所

生えたての歯は溝が深く、がんばってハブラシをあてても汚れが落としきれずにむし歯になってしまうことが多い。

 

いつするの?

最初は6才臼歯が生えた頃。
その後は生え変わり時期にあわせて行います。

注意

シーラントは歯の溝からのむし歯予防には効果的ですが、全てのむし歯を予防するものではありませんので、日ごろからの歯みがきと定期的なチェックをおすすめいたします。

ページTOPへ戻る